鉄分のサプリメントを飲むタイミングについて

男性と比べて、女性のほうが鉄分を必要としており、鉄分不足は深刻な問題です。貧血で悩んでいるという人は、効率的に鉄分を摂取するためにサプリメントを使うといいでしょう。女性の場合、子宮筋腫などで生理の出血量が多くなると、結果的に貧血になりやすくなります。人体の鉄が不足すると、血液が運搬する酸素の量が少なくなります。その結果、脳に十分な酸素が届かなくなり、アルツハイマーや脳梗塞の要因にもなってしまいます。内科で鉄剤を処方してもらえますが、市販されている鉄分のサプリメントなら、手軽に利用できます。コーヒーやお茶にはタンニンが含まれていますが、このタンニンは鉄の吸収を阻害する性質があるので、同時には飲まないようにしましょう。鉄分サプリメントを飲む時には、水で飲むことと、コーヒーやお茶を飲んでいない時にいることが重要になります。できるなら、お茶やコーヒーを飲む時間帯は、鉄分サプリメントを摂る時間帯から一時間以上ずらすようにします。貧血になると、頭がぼんやりして思考力が低下し、仕事の効率も下がりますし、物覚えもよくない状態が続いてしまいます。血液中のヘモグロビン値が基準値を満たしていない場合、病院では鉄剤を飲むように指示されます。鉄剤を服用してヘモグロビンが正常値になれば、体は元気になって疲れにくくなり、頭もはっきりとします。疲れやすさや、思考能力の低下を招かないためにも、鉄分不足の対策としてサプリメントを摂取することは、とても重要なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です