体重ではなくメタボのリスクは検診による測定を

メタボリックシンドロームを、縮めてメタボといいます。内臓型肥満体型で、かつ、高血圧、高血糖、脂質異常のうちの2つに該当する場合となります。内臓脂肪症候群や、インスリン抵抗症候群といった症状を、わかりやすくまとめた考え方となります。日本では、日本人のもともとの体質に合わせて、独自のメタボリックシンドローム基準を用いています。高血糖や、高血圧の対策には、内臓に蓄積されている脂肪の代謝が重要であることが、内臓型肥満の研究によって判明するようになりました。高血糖や高血圧は単独でも動脈硬化性疾患のリスクがあり、重積状態の方はより早期に対策をしなければさらに重い病気になってしまう可能性があります。メタボリックシンドロームの基準をつくり、改善を目指すのは、今後の疾患リスクが高くならないようにするためです。肥満という用語は、見た目からして太り気味な体型を連想しますが、メタボと診断された人の中にはそれほど太っていない人もいます。内臓型肥満はメタボ診断の根拠の1つになりますが、この他には、空腹時血糖や、中性脂肪を計ることも必要とされています。女性は90センチ、男性は85センチの腹囲があることが、メタボリックシンドロームかを見極めるラインになります。腹囲が大きいほどメタボと診断されやすいという印象を持っている人は少なくないですが、腹囲がメタボの基準を満たしていても、体重は多くないというケースもあります。メタボと診断された場合には、心筋梗塞や脳卒中になる可能性が高い状態なので、1日でも早く改善することが必要です。メタボリックシンドロームの状態ではなくなるためには、運動不足を解消し、食事量を見直して、体内に蓄積されている内臓脂肪をエネルギーとして使ってしまうことです。
健康美人になる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です