リバウンドの原因と筋肉量について

せっかくダイエットを頑張ったのに、リバウンドが起きて体重が戻ってしまったという話をよく聞きます。どうしてリバウンドが発生するのかを知ることで、リバウンドを起こさないダイエットが可能です。筋肉は、ダイエットとは関わりがない部位のようにも見えますが、リバウンドは体についた筋肉量に影響されます。食事で体内に得られるカロリーが不足すると、生きていくために必要なカロリーは、体脂肪を代謝して得ることになります。脂肪を燃焼させることができれば、体重を減らすことにつながるのですが、気をつけなければならない点があります。栄養が十分に摂取できていない時は、筋肉もエネルギー源として消費してしまいますので、リバウンドが起きやすい体づくりに一役買います。筋肉量が多いほど基礎代謝は高くなります。筋肉が減れば基礎代謝は低下しますので、体内で使うことができるカロリー量も少なくなってしまうのです。筋肉量が減り、基礎代謝の低い体になってしまうと、カロリー消費量が少なくなるので、ダイエットがしづらくなります。筋肉が少なくなり、基礎代謝が下がっている時に、ダイエット前の食事内容に戻してしまうと、以前ほど多くのカロリーを使っていないために、脂肪が増えやすくなり、リバウンドします。リバウンドの原因に、ダイエットをすると筋肉が減って基礎代謝が下がることがあるならば、筋肉を減らさずにダイエットをすればいいわけです。リバウンドをしない太りにくい体質にするためには、食事制限だけでなく適度な運動もして筋肉を減らさないようにすることが大切になります。食事の量を減らし、体重を落とした時でも、筋肉量が減らず、増えるように運動をしておけば、ダイエット後の食生活がきっかけでリバウンドするリスクを抑えることができます。
リポドリン飲み方│効果なしは危険

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です